探偵ナイトフィーバー

探偵ナイトスクープのファンブログ(主に感想)

探偵ナイトスクープの感想 『いろんな虫を食べたい!他2本』 2017/04/28

1.『SDカードの持ち主を探して!』たむらけんじ探偵

大阪府の女子大学生(18)から。手元にある謎のSDカードの持ち主を探して欲しい。

依頼してから探索まで随分と間があったのであっさり見つかるのかなと思ったらあっさり見つかりました。思ったのは「本物の探偵に依頼するような内容だな」という依頼でした。依頼者は泣いてましたが、コピーを持っていたのか、相手側の人はそこまで感動してなかったのが対照的でした。

2.『大阪人の一番面白い話』間 寛平探偵

大阪府の女性(34)から。私は栃木県出身で、関西出身の主人と大阪に住んで2年半が経った。しかし、結婚して大阪で暮し始めてからは、友人や家族に私を紹介してくれる場などでいつも私の話し方のダメ出しをする。そこで、大阪の人に「一番面白かったこと」を聞いて、勉強してみたい。大阪人はどれぐらい面白いのか?私と一緒に確かめて欲しいというもの。

こちらの依頼は、依頼者の女性は美人で関西的なノリのおもろい話を言う必要あるのかなぁ?という感じでした。旦那さんもそんなの期待して結婚してないだろ・・・と思いました。むしろ、あんな雰囲気の女性からしたらイメージダウンじゃないのかなぁと。

街中での調査はベランダで滑って浅田真央になった話や、漬物を食べたまま歌を歌おうとするそれこそ大阪のおばちゃんのフリーダムさにビビりました。というか、おもしろ過ぎました。自分で話をふられたら鉄板ネタ持ってるんですね。あと、みんな自分の話したいこと話して協調性がなく、無法地帯過ぎました・・・・

大阪のおばちゃん恐るべし。オレオレ詐欺の被害がないのが良くわかりました。逆に東北から来たような真面目な人は関西で生活していくのはしんどいかもしれませんね。

3.『いろんな虫を食べたい!』真栄田 賢探偵

京都府の女子大学生(21)から。私は大学で食文化について学んでいて、今はゼミの活動で虫を食べる「虫食」を研究している。美味しい虫を見つけて素敵な料理も作ってみたい。どうか、たくさんの虫を食べさせてくださいというもの。

たしか、最近、こちらでシロアリ食べて食糧危機を解決する依頼があったので、似たような依頼だと思いました。

依頼を聞いた時にゲストの席に林先生がいたので「あれ?林先生は今回登場しないのかな?」と不思議に思いました。けど、実際には登場しませんでしたね。全開のシロアリの時も虫は嫌だといって断っていましたよね。林先生が断るのは珍しいので本当に嫌いなんだと思いました。

さて、今回の探索での協力者は、以前も冬虫夏草で虫ハンターとして活躍した名前がわからない昆虫博士。倒木をバキバキ折って中から虫を見つけるのが得意な方です。

食べたのは最初はクワガタの幼虫、次はゴキブリ。ゴキブリは寄生虫とか心配な市街地のゴキブリでなく木のおが屑を食べるような安全な?山に住むゴキブリでした。ゴキブリは美味しいらしく、その後に「ゴキブリより美味い」など美味しさの基準になりました。なお食べていたのは山に住むオオゴキブリという種類だそうです。確かに普段見るGとは見た目が違いました。ダンゴムシが平べったくなったみたいな見た目でした。

ムカデやクモなど採取した昆虫をチャーハンや餃子などに料理して依頼者たちは堪能していました。いや~、女子大生が美味しそうに食べるのはちょっとビビリましたね。

しかしm真面目な話になりますが、昆虫食はシロアリ食と同じく人類の食糧危機的な観点から重要なタンパク質の補給源として考えられています。人類が更に人口増加した際に真面目に食料源として検討されているトピックです。ですから、それを受け入れられるかどうかは、相当「味」が重要になってくると思うんですよね。シロアリの時も大学生に試食させてましたけど、メッチャ美味いと言ってたので飢饉になったら真っ先に食料にされるんじゃないかと思います。

それにしても、昆虫をグロテスクといいますが、実は「エビ・カニ・ナマコ」とか、特にエビの頭とかよく考えると、昆虫のバッタとか同じように見た目的に変わらないんじゃないかと思ったりします。

タコもヌルヌルしてるので、ナメクジとか大して変わらないんじゃないかと・・・とか思うので昆虫食の見た目はかなり「慣れ」が重要で、慣れてしまえば大して問題ないのではないかと思いました。

しかし、食べるなら今の時期でなくどうみても、セミ、クワガタ、カブトムシ、トンボなど昆虫天国である夏にしなかったのは失敗だと思いました。ぜひ、夏にやってほしかったですね~。